AAICのアフリカヘルスケアファンドの投資先で中東・アフリカ初のメンタルヘルス遠隔診断プラットフォーム「Shezlong」がメディアで紹介されました

Shezlong(シェズロン)はエジプトでエジプトでの最大級の利用者数を誇るオンライン・メンタルヘルスケアプラットフォームです。利用者の6割がエジプト・中東のムスリム圏で、社会的スティグマ根強く残る中、オンラインでプライバシーを確保し、気軽に健康(メンタルヘルス)について遠隔診断を可能にしました。

 

AAICは楽天株式会社のヨーロッパにおける事業を統括するRakuten Europe S.a.r.l.と「AAIC・楽天アフリカイノベーションプロジェクト*」を2020年10月より始動し、AAIC運営の投資先ファンド、アフリカヘルスケアファンドの投資先スタートアップ企業の事業成長に寄与するメンタリング(経営、技術に関する助言)を通じて、社会課題解決を促進しています。

 

Shezlong(シェズロン)は楽天とJICA、AAICのメンタリング先でもあり、今回、楽天のオンラインメディア「Rakuten・Today」で紹介されました。「Rakuten and JICA collaboration in Africa sees Japan-inspired startup success

 

また2022年1月末には、フィナンシャルタイムズ(FT)紙でも、創業のきっかけや画期的なプラットフォームについて紹介しています。「Online therapy start-up aims to reduce stigma of mental health in Middle East

 

*「AAIC・楽天アフリカイノベーションプロジェクト」についてはこちらをご覧ください。